トップ

AGAはクリニック治療

AGAの発症メカニズムについて

生え際等が薄くなる男性特有の症状

<男性型脱毛症「AGA」のメカニズムと具体的な症状>中年と呼ばれる世代を迎えて、なんとなく髪の毛の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなってきたと感じる男性は多いかもしれません。中には奥さんから指摘されて初めて気づくケースもあるでしょう。

こうした男性型脱毛症は、これまで年齢のせいだと見られてきました。現在では「AGA(アンドロジェネティックアロペシア)」と言って病気の一種と見なされています。AGAのお悩みを解消したいならこちら。

AGAの原因となるのは、陰嚢で作られる男性ホルモンの「テストステロン」です。これが毛根に近い皮脂腺から分泌される悪玉酵素「5-aリダクターゼ」の働きによって、髪の毛の生育を抑制する「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変えられてしまうのです。

ジヒドロテストステロンの作用で血流が低下し、髪の素となる毛母細胞に栄養が送られなくなります。これによって発毛のサイクルが乱れ、髪の毛が十分に成長しないまま寿命を迎え、抜け落ちてしまうのです。そのため、AGAを発症すると髪の毛は細くて柔らかくなります。これがAGAのメカニズムであり、細胞の老化による老人性脱毛症とは異なります。

AGAの治療は、悪玉酵素5-aリダクターゼを制御して、ジヒドロテストステロンを作らせないことが主目的です。その間に血行を促進して栄養を行き渡らせ、再び髪の毛が育つ環境へと改善していきます。

以下の症状が見られる時は、AGAを疑うべきでしょう。

・生え際か頭頂部、またはその両方が薄い
・十分に育っていない髪の毛が多い
・髪が細いために頭皮が透けて見える
・親類に薄毛の人がいる(特に母方)
・急激に薄毛が進行している
・若い頃から薄毛だった
これらの症状がある場合、AGA専用の治療を受けることで、髪の毛の再生が期待できるのです。